閉塞感

新型コロナウイルスの影響で、実際に自粛生活に入ってから5か月くらいでしょうか。

皆さま、いかがお過ごしですか?

私は緊急事態宣言が出た頃から、飲み会や家族以外との食事には一度も行っていません。

もし一人暮らしをしていたら、もう少しは気楽でいられたかもしれないですが、高齢で持病のある親と同居しているので、やはり気を使います。

世の中の人たちは、それぞれどんな風にどんな生活をしているんだろう?と日々思います。

アベノマスク.jpg

コロナ流行前からリモートワークをしている私は、仕事仲間と雑談をするということがまずありません。
基本それぞれがそれぞれの自宅で一人で仕事をしていますからね。

友達と会う機会もほとんどなくなりました。
何度か集まろうという話にはなりましたが、それぞれが病院や介護施設で働いていたり、私のように高齢の親と同居していたりで、何となく話が立ち消えになるんですよね。。

もともと田舎暮らしは閉塞感が強い(私の感想です)ので、実家に帰ってきてからは1年に2回くらいは県外などに旅行してリフレッシュしていたのですが、それもできなくなりました。

何を今さら…という話ですが、コロナ禍の閉塞感、ヤバくないですか?

ストレスを発散する場所がなくて、最近自分がけっこうギリギリの状態にあるように思います。

例えば毎日理由なく悲しかったり、休みの日に起き上がるのも辛くて1日中寝ていたかったり、うつっぽい感じになってきてるんです(´・ω・`)

ここ最近、活字の世界を生きているなとも感じます。
仕事の会話もチャットによる活字、友達との会話もLINEによる活字。

「活字の世界」
私が好きな世界ですけれども、それだけでは、人間は生きづらいものですね。

こういう時、自然があふれる田舎にいられることは、幸せな要素だなとは思います。
うるさいくらい緑が溢れていますし、鳥や虫の声に囲まれていますし、少し車を出せば海にも行けます。

コロナ禍では、都会のほうがもっと閉塞感があるんでしょうね。

そんななか、暴動も起こさず、私たちはよくやってますよね!!

みんなエライ!!
書いているうちに、大きい声でそう言いたくなってきました。笑

今必要なのは、もっと自分をほめることかもしれないですね。

親を気遣って、飲み会に行かない私、えらい。
でもお店が潰れたりしないように、できるぶんはテイクアウトする私、えらい。
忙しい日の貴重な昼休みに親の愚痴を聞く私、えらい。
チャットでいびられても、大人の対応をする私、えらい。
あれもこれも我慢している私、えらい。

後半はコロナ関係ないですね(;'∀')

我慢なんてしなくていい!という人たちもいますが、親をみていたりすると、そう簡単にはいかないものです。
経済活動を止めるのは良くないですから、お金は考えながら使うようにはしていますけどね。

でも今年は、お出かけ用の洋服とリップ、これだけは必要がないですね。
そのぶん可愛いマスクや、着心地のいい部屋着、アイメイクや基礎化粧品を買ったりすればよいのではないでしょうか。

自粛と経済活動、何をどう優先させて良いのやらわからない日々ですが、それぞれが精一杯考えながら対処している。
やっぱり私たちはえらいですよね!笑

みんな、がんばっている。
そう思います。

スポンサーリンク

この記事へのコメント