ストレスとの付き合い方

どうやら疲れております。

仕事で昇進しまして、通常喜ばしいことなんでしょうけれども、ちょっと私の意向とは違っていたので、気持ちがついていきません。

私は過去に管理職をしていた頃、ストレスから社交不安障害という病気になり、そのままうつ病を患ったことがあります。
うつ病を克服するのには数年かかりまして、あの頃は仕事もできず非常に苦しい思いをしたので、もうあの状態に戻りたくない。という思いが常にあります。

なので、それ以来管理職というポジションを避けてきたわけなんですが、会社の辞令により、それが避けられない状況となりました。

過去を思い起こす様々な場面と直面し、自分がパニックを起こしてしまうのではないか?という不安も含め、緊張を強いられる日々です。

さて。

私はこのストレスとどう付き合っていけばよいのでしょう。

これはなかなかの難問です。

しょんぼりダンボー.JPG

でも、とりあえず分かったことは、

「自分で気持ちを切り替えるしかない」

ということです。

ネガティブな思考は、次のネガティブな思考を生んで、その連鎖はどんどん続いていきます。

どこかでその連鎖を断ち切って、考え方をポジティブな方向に切り替えるしかないんです。

例えば、何かがうまく出来なかったときに「周りの人たちは、私に対して良い感情を持たなかっただろうな」
という考えが浮かんだとします。

その時はできなかったことに落ち込むのではなく

「今日はこういうやり方にしよう。昨日のことはこういうやり方でフォローしよう。」
と、具体的な方法を考えるようにします。そして実行します。

私は基本の思考がネガティブですので(笑)、こういった脳内作業を日々無理矢理行っています。
ネガティブな考えを、何か具体的な行動に変える。ということがコツなのかもしれません。

疲れますけどね。今はこれしかない気がしています。

気持ち的な問題は、結局、自分で何とかするしかないんですよね。

それからもう一つ、私は何でも自分でやろうとする傾向があるので、「人に頼る」ということを意識的にやることにしています。

例えその時は自分でやった方が早くても、自分が知っていることを誰かに教えたら、次からは教えた人が自分でやってくれるようになります。
長い目で見たら、そちらの方がはるかに効率が良く、一つの仕事ができる人の数も増えて、良いことばかりです。

以前の私はそんな当たり前のことが理解できておらず、何でも自分でやろうとしていっぱいいっぱいになっていたんですね。

私は変に遠慮しがちな性格なのですが、その遠慮は返って相手を信頼していないような誤解を与えてしまうのかもしれないとも思いました。

日々是精進でございます。

でも正直なところ、夜中に目が覚めて眠れなくなったり、仕事中に身体が震えたり、けっこうギリギリなんです。笑

少しづつ慣れていくのか、この状態が悪化していくのか今は分かりませんが、久しぶりにやってきた難関に立ち向かっておりますよ。

でもアレですね。
多少のストレスはあった方がいい。というのは事実だとも思いましたよ。
ここ数年の私は、自分でできると分かっているような仕事しかしていなかったので、仕事で難関に挑むということが無かったんです。

でも「できないかもしれない」と思っていたことができると、大変嬉しいものです。
一度完全に失ってしまった自分への自信を、少し取り戻すチャンスでもあるのかもしれません。

無理はしませんけどね。
無理した結果、数年を無駄にした過去がありますので。

まずは3か月やってみて、「今後の働き方をどうするべきか?」真剣に考えたいと思っています。

では、逃げ出してしまいたい気持ちと戦いつつ、今週もボチボチがんばりたいと思います(;'∀')

この記事へのコメント