Windows10のアップデート後、タッチパネルに触れるとアクションセンターが表示される問題

昨日気がついたらWindows10がバージョン1607にアップデートされていたんですが…
なんかこれ、スタートメニューをはじめ表示が色々変わっていますね。

表示が変わるくらいなら別にいいのですが、困ったことに、画面右からピヨンと飛び出すアクションセンターを非表示にできなくなっています。

操作の邪魔をするアクションセンター↓
アクションセンター.png

私はノートPCを使っているのですが、タッチパットに指が触れると(タップすると)アクションセンターが飛び出す仕様になっており、邪魔で邪魔でしょうがありません。

「タッチパッドをOFFにすりゃいいじゃん」と思われるかもしれませんが、時々Bluetoothマウスの接続が途切れてしまうので(;'∀')、タッチパッドを完全にOFFにするとそれはそれで困ってしまうんです。

以前のバージョンだと、
設定>システム>通知と操作>システムアイコンのオン/オフから、アクションセンターをオフにすれば解決だったのですが、
バージョン:1607だと、
設定>システム>通知とアクション>クイックアクションの追加と削除 と画面を進めても、アクションセンター自体をオフにする項目がありません。

設定>個人用設定>タスクバー>システムアイコンのオン/オフ をクリックすると、アクションセンターのオン/オフはありますが、ここは最初からオフの設定になっていました。
これだけではピヨンと飛び出すアクションセンターを非表示にできないようです。
システムアイコンのオン/オフ.png

色々調べてみましが、解決策が見つかりません。
元のバージョンに戻すべきか…。
引き続き調べてみますが、同じようにお困りの方、解決策を見つけた方がいたら、教えていただきたいです~!

【追記】
とりあえず、タッチパッドの設定で、現象回避することができました。

①設定>デバイス>マウスとタッチパッド>その他のマウスオプションをクリック。
マウスとタッチパッド.png

②タッチパッドのタブで「クリックしてタッチパッドの設定を変更します」をクリック。
マウスのプロパティ.png

③左に表示される「タッピング」をクリックし、4本指タップのチェックを外して保存。
タッチパッド.png

アクションセンターは1本指タップで表示されるのに、なぜ4本指タップのチェックを外したら表示が出なくなるのかは、さっぱりわかりません。笑
これは不具合か何かでしょうか?

とりあえず、これで現象は回避できました。

【2019/1/31追記】

Windowsのアップデート後、しばしばこの問題が再発します。

その都度、上記の手順で「4本指タップ」のチェックを外すことで解決します。

同じ問題でお困りの方(あまりいないかな?笑)は、ぜひお試しください~!

この記事へのコメント